☆きらきら☆

「だれよりもすきだったサッカーver」掲載中


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 83 まっさらな気持ち4  TopPage  81 まっさらな気持ち2 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://lovesweetsweetberry.blog54.fc2.com/tb.php/432-fd5faaab


82 まっさらな気持ち3


ちょっとはや足のサッカーくんについて行く形で、駅に向かう。

「サッカーくんは、なにしてたの?」

サッカーくんは、図書館で自習した帰りだという。
学園祭以降、時々居残りしているんだそうだ。
クラスの何人かも同じらしく、約束をしているわけじゃないけれど
時々互いの勉強を見たりしているらしい。

学園祭をきっかけに、サッカーくんのクラスでの評判はガラリと変わった。
だけど当の本人の態度は相変わらず。
それもやっぱり彼らしい気がする。
「それで?」
「え?」
「泣いた理由。言えよ」
「そ、それは・・・・え、と・・・・」
「オレはお前の質問にたくさん答えたぞ。俺の質問には答えないとか人としてどうだよ?」
「うぅ・・・・」
サッカーくんのいら立ちを隠さない厳しい口調に思わず逃げ腰になる。
だけどサッカーくんの言うことはもっともで、先生に頼まれた形で一緒に帰ってくれているんだし
話すのが当然のことだ。
誤魔化そうとしてたのも、多分、見抜かれてそうだし。
「あのですね・・・・・」


けれど、ナツギのことは、伏せた。
もう一年近く前のことだ。
サッカーくんは覚えているわけもなく、だからと言ってそれを説明したくなんてない。
思い出すのも、いや。


「ふーん。まあ、事情は分かったし、お前が落ち込むのもわからないでもないけど」
でもなあ、とあきれ顔だ。
けれどそのあとは続かない。
不思議に思って隣に座る彼を見上げる。

学園祭以降、少しずつ彼との距離には免疫がついてきた。
話す回数も増えた。
こんな距離で話すことは、珍しいことではあるけど、だけどもうただ近いってだけで
それ以上緊張することは無くなってきた。

けれどね、ぎろりと睨まれると、やっぱり怖いです。

「あんな暗がりの教室で、男と二人っきりってのは、あんま、見てて気持ちいいもんじゃない」
「・・・あ・・・そっか。そうだよね。センセイに悪いことした。
あそこに来たのがサッカーくんじゃなかったら、誤解されて大変だったかもしれないもんね」
「オレに誤解されるのは大変じゃないのかよ」
「え、なんて?」
「・・・・だいたい、こいつもなんでいつも男に泣かされてんだよ・・・・」
「サッカーくん?私がなに?」
ぶつぶつ何か言ってるサッカーくんに問いかけても、別に、と不機嫌そうに顔を逸らされる。
なんだろう?

「とにかくだなっ、担任の件はおれらがどうにかできることじゃないし
今から気を揉むだけ無駄だ。ンでそんなこと気にしてる場合じゃないだろ?
担任が誰だろうと目指すとこ目指すしかないんだし」
「そうだよね・・・・あ!」
「今度は、なに?」
「サッカーくんは特進残るんだよね?」
去年の経験からいけば今の時期に特進クラスに入るか入らないかの聞き取りが行われてるはず。
サッカーくんの今の成績なら残留は当然なんだけど、彼自身がどう思っているか気になっていた。
「んだよ、急に」
「また同じクラスになれる?」
「・・・・さあな」
「え・・・」
「っ。・・・・そんな顔すんな。残りたいから居残り勉強してんだ。わかれよ」
「良かったぁ・・・・」
今度は、最終学年も同じクラスになれるんだ。
「じゃあ残り一年も、一緒に受験勉強がんばろうね!」
「ああ」


最寄り駅に着いて、駐輪場でバイバイをする。
サッカーくんと一緒の電車の時は、これも日常になっていた。

「高村!」
「ん?」
走り出そうとした自転車を停めて、体をひねって彼を振り返る。
「もし次の担任が嫌なやつでも、心配すんな」
「ん?」
「お前が泣くことなんて、もう絶対させないから!」
サッカーくんの表情は、どこか必死に見えた。
なんで?
彼が、教室での私とセンセイの会話を聞いていたとは考えにくい。
じゃあ、なんでそんなこと言うの?

ああ、もしかしてサッカーくんはあの事を覚えていて、
だから私がナツギが担任になることが嫌で泣いたと思ったのかも。
だからこんな風に励ましてくれるんだ。

「だからもう早く忘れちまえ」
彼の優しい気遣いが嬉しい。
泣いた理由はそれだけじゃないけれど、それでもこんな風に言ってくれるなんて。
「うんっありがとう」
私は思いっきり頷いた。

関連記事
スポンサーサイト

<< 83 まっさらな気持ち4  TopPage  81 まっさらな気持ち2 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://lovesweetsweetberry.blog54.fc2.com/tb.php/432-fd5faaab




Copyright ©☆きらきら☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。